九星気学の占いのページ > 今年の干支(毎年更新) > 2016年の十干十二支・丙申(ひのえさる)年

今年の干支(毎年更新)

2016年の十干十二支・丙申(ひのえさる)年


(2016年)平成28年 丙申年・二黒土星年です。
今年の干支は、【丙(へい、ひのえ)申(さる)(60干支の33番目)】の年です。

丙(ひのえ)は10干(甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸)の3番目で、五行でいうと、陽の火
十二支の申(さる)=12支では9番目(陽の金)です。
相剋(火剋金)となりあまり良とは言えませんね。

午の方角は限りなく西に近い西南西です。陽が沈む方角です。
10干の三番目の丙という文字は足を大きく広げているという意味を持ちます。
乙(きのと)と丁(ひのと)の間が丙です。2015年と2017年を繋ぐ年とも言えましょう。
木の根も気の根も地を張り広がるというのは、いくつかの物が大きな一つのモノへと変化するという事であるという意味の解釈の仕方もできます。
恵方は南南東よりもうちょっと南側の(丙方角)方角です。
平成28年(2016)九星年盤.jpg

二黒土星は陽の光を浴びまたは冷たい雨を吸収し、さらに肥える土地というような意味も持ちます。
二番目の黒い土地は陰で支えるという使命がありますが、時として一変して弾ける時があります。
広く根を広げても浅ければ簡単に木は倒れるという事です。
高い山に浅い根を持つ木々は山ごと流れてしまいます。というような意味から蓄えていた物を一気に吐き出す事もあるという事もお忘れなく。露呈する時は一気となるかもしれません。心当たりがある人はそれなりに対処しましょう。
一日で情勢が変わる、そんな年といったところでしょうか。


南西方位は暗剣殺、北東方位は五黄殺です。
気をつけて下さいね。

相互の助け合い、合併はますます多岐に渡って広がるかもしれませんが相互関係が浅ければまた分裂してしまう事でしょう。

築き上げてきた関係が相する関係となる年は今後2年間が特に重要かもしれませんね。2015年がまさにそういう契約の年となっていますが、翌年は一白水星年になりますので、さらにこの関係によって成功者と失敗者の大きな違いは、これまでとは格段に違いが出ると思います。
国と国の関係も勿論同じです。団体も同じく、個人と個人も同じく。

起業を考えている方は森も木も見て良い場所を選択しましょう。

_____________________________________

とりあえずここまで。

自然災害などが起きた時も同じです。動けない時には相互の助け合いが必須となります。
ひとりだけ助かろうとすればするほどに悪い方へと運気が落ちます。どうか助け合う気持ちを大切にしてください。(これは永遠のテーマですね)

さて、さまざまな事象において、感情的に集団で物申す人々の言葉は空しく響くだけとなります。
集団心理に惑わされる事が無い事を祈るばかりでございます。
政治に関しては、偏った意見に惑わされないよう、特に若い方々は九星気学では7年以上の凶運が続く中にあります。そういう意味でも安易に集団にのせられないよう、自分でしっかり世の中の動きを見るようにしてください。それよりも自分が生きていく為の仕事や私生活を安心して充実させられるための努力を怠らない様にしましょう。
2017年が極端な良し悪しの人生を左右するだけに、気を引き締めましょう。

武器は「いっせのせ」で同時に下せるのが可能であれば戦争は起こり得ません。
互いを信頼できない人間だからこそ武器が手放せないし、狙い続けてしまいます。
ただし、そればかりにとらわれていると、まったく違う第三者が現れる事にも注意しましょう。
(意味深)

それ(自分なりの努力による穏和な話し合い)ができない時、全ての事象において反発する事になります。孤立します。意見が分かれて争いとなります。これ、忘れないでね。


(星の動きによる統計学ですのであまり気にしないでくださいね。)
私的な2016年の予想なので悪しからず。
当たるも八卦、当たらずも八卦でございます。


あくまでも私が九星から読み取り感じたまでの今年の予想ですので責任は負えませんですです^^;
物事は自分の捉え方で変わります。どれだけ悩んでも答えを出すのは他人でありません。
自分自身です。頼るばかりでは良い結果は得られません。そのこともお忘れなく。
また、他を救うためには自分が健康でなければなりません。力がなくてはなりません。
根が枯れぬよう、それなりに精神の栄養剤もお忘れなく。

自分の直感が一番ですね。気もち「気」の持ちようが肝心です。
景気も「気」やる気も「気」
私は一年の始まりを2016年2月4日からと思っておりますので、この文章で勘違いされませぬようお願いいたします。
以前から毎回申しておりますが、「気」は大事ですよー。

・生まれ年(生まれ月)別の吉方位については後日記載いたしますm_ _m


<<最大吉方位の調べ方 | 九星気学の占いのページトップへ | 平成28年吉凶方位>>


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。