九星気学の占いのページ > 今年の干支(毎年更新) > 2017年の十干十二支・丁酉(ひのととり)年 一白水星年

今年の干支(毎年更新)

2017年の十干十二支・丁酉(ひのととり)年 一白水星年

(2017年)平成29年

・丁酉年・一白水星年です。

今年の干支は、【丁(ひのと、てい)酉(とり)(60干支の34番目)】の年です。


丁(ひのと)は10干(甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸)の4番目で、五行でいうと、陰の火

十二支の酉(とり)=12支では10番目(陰の金)です。

相剋(火剋金)となり良い流れの年とはいえません。

全ての人に良い年というのはもともと無いのも事実ですが。

大火事に注意の年。大水にも注意の年です。


恵方は北北西(壬方角)方角です。

言い伝えなのですが一応記載しておきます。

個人的には向きたくない方位です(^^;)


一白水星年に生み出されたモノはさまざまな形に変えられます。まさに水の如し。器に逆らわないのも水ですが、溢れる事を忘れてはなりません、

平穏を願う人が多いはずですが、一白水星の丙酉年では、いきなり尖る事多しです。

経済は水物といえますが、緩やかな線ではなく急激な動きがあるかもしれません。

大元の水に毒が入れば全てのものが使い物にならなくなります。人々の生活に欠かせないものが使えなくなると困りますよね。

本来一番大切にすべきものを思い出してみましょう。身近にたくさんあります。伴侶も同じく大切にしましょう。


丁の酉は顔には見せないものの、自分勝手な行動に出る事で周辺の者が驚き戸惑うこと多し。行動を起こす本人は世間知らずと言った感じです。

一昨年からの星まわりから考えると結果を出さなくてはならない年ともいえますが、混乱は避けられない事でしょう。
「後悔先に立たず」


相互の助け合い、合併分裂はますます多岐に渡って広がると思われます。しかし、相互関係の思慮が浅ければまた分裂してしまう事でしょう。


2015年は築き上げてきた関係が相する関係となる年であり今後2年間が特に重要な年であると以前記載しています。

2016年は契約の年となっていましたが、さあ、どうでしょう?

契約に違反していれば失敗の結果を招くかもしれません。

契約を守っていれば良い結果を招く事でしょう。

真西へ移動後の交渉事は2017年2月4日以降は控えたほうが良いと思うなぁ。

真西に移動される時には自分の吉方位に一度足を向けてから移動するとさまざまな意味での危険から回避できるのではないかしら。


国と国の関係も勿論同じです。団体も同じく、個人と個人も同じく。

前回と同じ事を言っておきます。


新たに何かを始める事は星によっては全く結果を出す事ができない事多し。

努力の一年を過ごせる人は、後の3年後、素晴らしい結果を出す事でしょう。石の上にも三年^^


来年の九星の吉方等については今年2017ねん2月3日まではあまり書きたくないというのが本音です。

急いで良い事がない二黒土星の年でございまして、すみません。

年が明けてから記事更新を致したいと思っております。


九星気学は統計をもとに星の動きと合わせて見るものです。


とりあえずここまで。悪しからずm_ _mお許しくださいませ。

(あと一か月以上続く二黒土星の年です。)

(星の動きによる統計学ですのであまり気にしないでくださいませ。)

当たるも八卦、当たらずも八卦でございます。


ココから2月更新)

他を救うためには自分が健康でなければなりません。力がなくてはなりません。
根が枯れぬよう、それなりに精神の栄養剤もお忘れなく。


自分の直感が一番ですね。気もち「気」の持ちようが肝心です。

景気も「気」やる気も「気」気分の気は時の事です。


私は一年の始まりを2月4日からと思っておりますので、この文章で勘違いされませぬようお願いいたします。

以前から毎回申しておりますが、「気」は大事です。


・生まれ年(生まれ月)別の吉方位については来年、日をみて記載いたしますm_ _m


情で繋がり情に悩まされる一年となるかと思います。
一白水星年は才能が開花するといわれています。芸術分野においては今年の作品が今年評価されなくともその後9年・18年という時を経て素晴らしい評価を得られることでしょう。
全ての物事において感情的にならないように気をつけなければならないと言い聞かせることが求められる年でもあります。
その時に感情に任せて動くと良い結果は得られません。
毎年予測不可能なことが起こっています。予測不可能であることを前提にさまざまな心構えや備えが必要な年であることもお忘れなく。
とても小さいことが大きな問題になることも多いでしょう。多くの良いことを求めず小さな良いことに感謝することで来年に繋がる年と思って下さいませ。

当たるも八卦当たらぬも八卦です。自分の生き方は誰が決めるものでもなく、自分自身が決めることであるということを忘れずに自分が進む道を決断しましょう。


ここより7月末更新)
一白水星年は残り訳半年となりました。
水による災害は今年に限ったことではありませんが細心の注意を払いましょう。
8月は季節の節としては(立秋)秋とされています。(一般的には9月10月11月を秋と捉えています)停滞していたことが少しずつ動き出す時期です。10月くらいから年末にかけて大きくことが動くようになると思います。今年は多くの水があるにもかかわらず大火の年といわれますが冬にはいる11月からは特に注意をしましょう。家屋敷地からはみ出した物であるとか商店であれば商品など、とにかくはみ出している物は敷地内に納まるように整理整頓をしておきましょう。後に後悔が少なくて済みます。
人の感情が安定しない年の後半は大きなストレスが複雑に絡み不信感が大きくなってしまうかもしれませんが、平常心を忘れずそれを意識することで気に病むことなく気にかけていたことが気が付けば解決していたというような結果になると思います。金品よりも大切なものに気が付かれた方にとっては年末から年始にかけて心豊かに過ごせるはずです。来年(2月節分の翌日よりを来年とし)の年回りからいうと今年の後半を後悔少なく過ごすことが肝要とされます。この夏の色恋事は良い縁であれば末永く幸福を呼びますが倫理に反したことであれば数年間から10年以上のトラブルが続くことになるかもしれません。トラブルになるかもしれないと思う人は早い段階で第三者(弁護士等)に入ってもらって解決されるのが最も早い解決ができると思います。何事も先延ばしにしていては良くない年といわれております。

もう一度申し上げておきたいと思いますが、物事全ての解決策は遠い所にはありません。すぐ近くにあります。ご自分のご先祖のことや身近な家族のことや友人でなくとも良い時を過ごせた知人のことを思い出してみると良いかと思います。
どこにいてもあるものとは記憶だったり気配だったりしますがそれらはご自身の胸のうちで感じられるものであります。

以上(*^_^*)


気もち「気」の持ちようが肝心であることはいうまでもありませんが。
当たるも八卦当たらずも八卦でございます。





<<平成28年吉凶方位 | 九星気学の占いのページトップへ | 2017年 最大吉方位一白水星〜九紫火星>>


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。